賃貸経営の味方|自己負担が少ないワンルームマンション投資で成功しよう
積み木

自己負担が少ないワンルームマンション投資で成功しよう

賃貸経営の味方

つみき

何事もリスクはある

住宅を賃貸する貸主にとって1番怖いのは家賃の滞納です。賃貸の場合、連帯保証人が必要でした。もしも借主に家賃滞納が発生したり、修繕費未払いがあった際、連帯保証人が代わりに弁済してくれるので安心でした。しかし現在では連帯保証人も高齢化や資金力が足りない場合もあり、貸主にとって安心できない時代になりました。また、核家族化や高齢化により連帯保証人を立てられない人も増えて、今まで通り連帯保証人を条件にしていては入居希望者が増えず、空室リスクも心配されるようになりました。そこで現れたのが家賃債務保証です。連帯保証人の代わりを家賃債務保証会社が担ってくれる制度です。これを利用する事で、貸主も滞納リスクを回避でき入居率もあげられる事ができます。

どこまでが対応範囲か

家賃債務保証会社は連帯保証人の代わりを担ってくれると言うも、どこからどこまで対応してくれるのでしょうか。大きく分けて2通りあります。1つが収納代行。家賃滞納のみ保証してくれます。トラブルにより訴訟に至った場合の費用や、明け渡しの際に残った物の処理に掛かる費用は含まれません。2つ目が上記の対応もしてくれる保証です。上限額は家賃債務保証会社により違いはあります。訴訟による法的手続きや明け渡し時の現状回復費用も保証の範囲です。貸主にとって管理業務の難しい所を任せられる強い味方と言えます。何よりも貸主にとって安心なのが、家賃債務保証会社と提携する事で、滞納があっても本来入る家賃はしっかり貸主に入金される事です。保証費は借主が負担するので、貸主は費用が掛かりません。