自己負担が少ないワンルームマンション投資で成功しよう
男性

自己負担が少ないワンルームマンション投資で成功しよう

住まいを貸す方法

女の人

数年程度でも入居者を確保して家賃収入が得られるのが、転勤時にリロケーション会社を活用する一番のメリットです。法人契約などの実績の多さに注目して業者を選んだり、転勤時にリフォームをして、良い条件で入居者を確保するのがポイントです。

More...

賃貸経営の味方

つみき

賃貸経営では家賃滞納リスクがあります。その問題を解決してくれるのが家賃債務保証会社です。保証人の代わりを担うだけでなく、督促等の家賃滞納処理を全て行ってくれます。借主にも連帯保証人を立てなくても良いという両者にとってメリットのある制度です。

More...

現役のうちに資産形成

集合住宅

長期運用を考える上で

老後の生活費はおよそ3千万以上は必要であると言われています。しかし、どうなるわからないこのご時世、現役世代のときに少しでも資産を増やしておきたいところです。ゼロ金利はこれからも続くと予想されますので、預金以外の運用を考えねばなりません。運用はおもに短期投資と長期投資にわけられますが、前者の場合はリスクも高く、それなりの腕や知識も必要になります。ゆっくりと資産を形成していくなら後者が良く、その中でもワンルームマンション投資はいま注目されています。ワンルームマンション投資は初期投資と自己負担が少なく、ローリスクハイリターンであると言われています。家賃収入でローンを払いながら、最終的には自分の所有不動産になります。

管理も任せられる

通常のマンション経営とちがって、ワンルームマンション投資のメリットは低価格であること、そして入居者を比較的集めやすいというのがあります。中にはワンルームマンション投資で儲けて、そのキャッシュフローをもって新たなワンルームマンション投資をして、資産を増大させていく人もいます。土地を持っている人であればさらに初期費用は安くすむ上に、土地だけよりも税金が安くなるため節税にもなります。さらには管理や入居者募集が面倒くさいという人には、専門の管理会社に管理業務を委託することができます。家賃回収やその他のわずらわしい業務をすべてまかせることができます。また、家賃保証をおこなっている管理会社もあるので要チェックです。

ワンルーム投資の重要点

マンション

初心者がもっとも投資しやすいといわれているワンルームマンションですが、初期費用をおさえることができるというメリットがあります。しかしながら、競争も激しいためワンルームマンション投資の物件選定は、注意すべき点になります。

More...